HOME採用情報業務紹介先輩職員からの紹介(上枡 厚廣)

先輩職員からの紹介

お客さまと身近な存在に!

  • 預金係 入庫1年目
  • 上枡 厚廣
    所属:鹿児島支店

現在の業務内容

鹿児島支店で預金係を担当しています。預金係の中にも様々な分野がありますが、私は預金窓口で来店されたお客さまを誰よりも先に対応しています。預金の入出金、振込の業務をはじめとして、通帳やキャッシュカード、印鑑の紛失の手続きや住所・名義変更、融資の返済処理業務等に携わっています。
預金係は内部での事務処理が中心で受身的な業務です。自らお客さまのところに訪問して商品提案や契約を獲得する機会は少ないのですが、お客さまが来店前よりも心地良く帰っていただけるよう、また鹿児島支店に訪れたいと思っていいただけるよう心掛けています。

1日の業務の流れ

時刻日程
8:40現金装填・開店準備
9:00 開店
窓口対応/渉外係の持ち帰り分の事務処理
  • 預金の入金、出金対応
  • 喪失届、変更届等の受付処理
  • 商品の説明、提案
  • 融資の返済処理 etc
12:30休憩
13:30 窓口対応
お客さま対応と並行して、ATMや現金出納機の残高を確認する。
15:00閉店
現金精査
端末で処理された現金残高と現物が一致しているか確認する。
15:30 書類整理
一週間に一度、現金出納機内の現金を全て出し精査を行う。
17:00 

やりがいを感じた業務

“200名近い会員さんを招いてのイベント開催”
<ろうきん>には、イベントや研修会などを開催して交流を図り、<ろうきん>を利用していただくためのきっかけづくりを行う『青年女性推進委員会』という組織が営業店ごとにあります。2015年度の鹿児島支店の活動では、200名近くの若年層のお客さまを「かごっまふるさと屋台村」に招き、交流を深めました。交流会の前には鹿児島支店で勉強会も開き、<ろうきん>に関連したクイズやゲームを行いました。
<ろうきん>は働く人のための金融機関であるが故に、社会人になったばかりの若年層の方には認知されていない傾向にあります。実際に、私も就職活動を始める前までは<ろうきん>の存在を知りませんでした。しかし、このようなイベントを通して「今まで知らなくて損した!」、「相談があるときはろうきんにいきますね!」といったお声をいただくことができ、イベントの運営・企画を担ったことで若年層のお客さま方の<ろうきん>の認知に少しでも貢献できたことにやりがいを感じました。

入庫前に抱いていたイメージと実際に働いてみての感想

“お客さまとの距離が近い”
<ろうきん>は、労金職員がお客さまの職場に出向いて預金や融資等の相談を受けたり、手続きを行ったりすることができます。お客さま側が営業店に来店して相談手続き等を行う他の金融機関とは異なった特徴があります。
私は普段営業店で預金業務を担当していますが、渉外係のサポートで小中学校に出向いて職員の方々に商品の説明や提案を行った経験もあります。金融機関と言えば、一般の方からすると少し壁のある存在かもしれませんが、このように<ろうきん>はお客さまとの距離が身近な存在であると思います。

今後積極的に関わりたい業務・自分なりのビジョン(夢・希望)

まずは一通りの業務を経験することが最優先なので、具体的に挙げられる業務はありません。ただ、前項目でも触れたような若年層のお客さまへの<ろうきん>の認知に貢献したいと考えています。今後の生活に対して同じような悩みを抱える同世代の方々との繋がりをいち早く築き、長いスパンでお客さまのお役に立てる関係を維持したいです。
また、個人的には変化に対応できる職員になることを目標としています。近年は経済状況が著しく変化し、金融機関も様々な分野に活動範囲を広げている時代です。そして、金融機関のお客さまは若年層から高齢者までと年齢層も幅広く、各世代によって求める商品やサービスも異なってきます。そのような変化を敏感に察知して対応できるような職員になるために、日々学習していかなければならないと考えています。

就職活動中の皆さんへのメッセージ

就職活動はこれまでの自分自身を見つめ直す貴重な機会だと思います。自分がどういう人間なのか、何に向いているのか時間をかけて振り返ってみることが企業選びや面接に活かされます。時には家族や友人など周りの人に聞くこともいいかもしれません。それを踏まえて活動すれば、納得のいく就職活動になると思います。
いい企業に巡り合えることを心より願っています。それが<九州ろうきん>であったときはよろしくお願いします。時には息抜きも必要です。思い悩みすぎず、就職活動を前向きにとらえて頑張ってください。