HOME運用する・そなえる投資信託投資信託のしくみ

投資信託のしくみ

知っているようで知らない、
投資信託のしくみについて
ご説明いたします。

投資信託にはいくつかのリスクがあり、元本割れする可能性もございます。
詳しくは「投資信託に関するご注意事項」をご覧ください。

投資信託とは?

投資信託は、多くのお客さまから集めた資金をひとまとめにし、それを運用の専門家が主に複数の株式や債券などに分散投資し、その成果をお客さまにお返しする金融商品です。
小口の資金で多様な資産に分散投資でき、リスクの低減をはかることができるとともに、専門家に運用・保管を任せられるなどのメリットがあります。
運用次第では大きな収益を得られることがある一方、元本を割ってしまうこともあります。

投資信託に関するお金の流れ

実際にお客さまの資金を運用するのは、より専門的な知識を持った運用のプロ(投信会社)。<ろうきん>は、お客さまと運用のプロをつなぐ窓口です。

投資信託の3つの特徴

少額資金で効率的な運用ができます

少額な資金でも効率的な運用を行うことができる金融商品、それが投資信託です。投資信託は、最低1万円(定時定額買付の場合は5千円)からでもスタートできます。少額でも効率的な運用が可能なのは、多くのお客さまから集めた資金をまとめて運用するからです。これによって、小口の資金ではできないような投資が可能となります。

リスクを軽減するため分散投資されています

ひとつの銘柄に集中して投資すると、その銘柄が下がった時に、大きな損失を被りかねません。このようなリスクを最小限に抑える手段が「分散投資」です。商品性や価格の変動要因が異なるものを組み合わせることで、たとえ、ある銘柄が値下がりしても、他の銘柄の値上がりによって、結果的に全体のリスクを低減させることが期待できます。

投資のプロによる運用

株式や債券などの投資に必要な情報を収集・分析し、判断するのは個人ではなかなか難しいものです。投資信託は、そのような人に代わって、ファンドマネージャーと呼ばれる運用のプロが日々の運用を行います。

投資信託と預金の主な違い

  預金 投資信託
元本保証 元本合計1,000万円までとその利息が保証されます(決済用預金の場合は全額保護)。 元本保証はありません。運用成果によって高い収益を期待することもできますが、元本割れすることもあります。
利息・分配金 あらかじめ決められた利率に基づく利息が受け取れます。 運用状況によって受け取れる金額は変化します。
手数料 預入時の手数料はかかりません。 購入時・運用期間中・換金時に手数料等が発生します。

投資信託には大きく2つのタイプがあります

株式投資信託

株式投資信託は、株式に投資を行うことができる投資信託をいいます。公社債投資信託が株式を一切含まないのに対し、株式投資信託は公社債に投資することもできます。株式には投資せず、債券のみに投資するタイプや、株式と債券を組み合わせるようなタイプ(バランス型)も制度上は”株式投資信託”として取扱われることから、運用対象の違いによって、さまざまなタイプの商品があります。

公社債投資信託

公社債投資信託は運用対象に株式を一切組入れず、国債や社債など、元金および利払いが確定している公社債を中心に運用します。したがって、公社債投資信託は投資信託の中でも比較的リスクが低く安全性が高いといえます。

投資信託の諸経費と税金

それぞれの場面で費用と税金がかかります。

購入時

  • 購入時手数料:ご購入時の基準価格に対し最大3.24%(税込)ご購入時に、販売会社へ支払う手数料です。

運用期間中

  • 信託報酬:純資産総額またはファンドの元本に対し[最大年率1.62%(税込)]とその他費用(※)がかかります。
    ※ 有価証券等の売買、保管、信託事務にかかる諸費用や監査費用等です。運用状況等により変動するものであり、事前に料率、上限等を示すことができません。
  • 収益分配時
    ・公社債投資信託の収益分配金は、利子所得として20.315%の申告分離課税となります。
    ・株式投資信託の収益分配金は、配当所得として20.315%で源泉徴収され、原則として確定申告は不要です。
    ※ 収益分配金のうち、課税対象となるのは普通分配金であり、元本払戻金(特別分配金)は非課税となります。
    ※ 税率は2016年4月1日現在

換金時

  • 公社債投資信託は、換金時の個別元本超過額に対して20.315%の課税
  • 株式投資信託は、換金時の差益(譲渡益)に対して20.315%の課税
  • 換金時手数料(1万口あたり最大108円)
  • 信託財産留保額等(※)(換金時または換金受付日の翌営業日の基準価額に対し最大:0.5%)
     ※ 換金時手数料および信託財産留保額は、徴収される場合と、されない場合があります。
    ※ 税率は2016年4月1日現在
お客さまにご負担いただく手数料等の合計額は上記を足し合わせたものです。
それぞれの費用等は商品毎に異なります。
くわしくは、九州〈ろうきん〉取扱いファンドラインナップ、または交付目論見書・目論見書補完書面をお読みください。

投資信託の選び方

お金の目的に合わせて、資産運用の方法を考えることが必要です。

※当該分類は、当該投資信託等の約款に記載された運用の指図範囲等に基づき、当金庫が分類したものであり、将来の運用成果等を保証したものではありません。