HOME運用する・そなえる投資信託投資信託に関するご注意事項

投資信託に関するご注意事項

リスクを正しく理解して、
投資信託を利用しましょう。

投資信託に係るリスクについて

投資信託は、主に国内外の株式、公社債および不動産投資信託証券などの値動きのある証券等に投資しますので、基準価額は変動します。したがって、元本が保証されているものではなく、当該資産の市場における取引価格の変動や為替の変動を要因として、基準価額の下落により損失が生じ、投資元金を割り込むことがあります。

投資信託にはリスクがあります

「リスク」とは、”変動の幅”ということを意味するもので、「危険」という意味とは異なります。
一般の円預金とは異なり、投資信託には高い収益(リターン)が期待できる反面、値動きのある株式や債券等に投資・運用することから、低い収益となる場合や元本割れの可能性もあります。

  発生原因 ポイント
価格変動リスク

投資先の株価や債券価格等の変動

投資先の株価や債券価格等が今後、上昇するか、下落するか。

金利変動リスク

市場の金利水準の変化

市場の金利水準が今後、上昇するか、低下するか。(市場金利が上昇すると債券の価格は下落し、市場金利が低下すると債券の価格は上昇)

為替変動リスク

為替レート変動による、円換算での資産価値の増減

日本円以外の外資建て商品(米ドルやユーロ等)で運用する商品の場合、ある時点に比べて円がどの通貨に対して高いのか・安いのか。(円安になれば資産価値が増加し、円高になれば減少する)

信用リスク

債券等を発行する国や企業の債務不履行、金利不払い、倒産等による変動

債券等を発行する国や企業が財政難・経営不振になっていないか。(目安として「格付」の高低があります)

流動性リスク

市場であまり取引されていない株式や債券の場合、売買が成立せず換金できなくなる、大幅な安値での売却を余儀なくされるなどの可能性による変動

有価証券等を売却あるいは取得しようとする際に、市場に十分な需要や供給があるか、取引規制等がされてないか。

カントリーリスク

特定の国や地域へ投資する場合は、その国の政治・経済情勢、資本規則等様々な要因による影響を受けることによる変動

投資対象国・地域において政治・経済情勢の変化等によって市場に混乱が生じていないか、もしくは新たな規制が設けられるなど運用上の成約を受ける可能性がないか。

短期金融資産の
運用に関するリスク

短期金融資産で運用する場合、発行元の経営・財務状況の変化およびそれらの外部評価の変化

短期金融資産の発行元に、デフォルト(債務不履行)や財務状況の変化が生じていないか。

※ 投資リスクは、主なリスクのみを表示しております。くわしくは、投資信託説明書(交付目論見書)および「目論見書補完書面」の内容をご確認ください。
※ 費用につきましては、上記記載のほかに、有価証券等の売買、保管信託事務にかかる諸経費や監査費用などが信託財産から差し引かれます。

投資信託に係る手数料について

九州労働金庫で販売する投資信託については、ご投資いただくお客さまに以下の費用をご負担いただきます。

購入時手数料
:ご購入時基準価額に対し最大3.24%(税込)
換金時手数料
:1万口あたり最大108円(税込)
信託財産留保額
:換金時または換金受付日の翌営業日の基準価額に対し最大0.5%
信託報酬
:純資産総額またはファンドの元本に対し最大年率2.376%(税込)
その他費用
:監査費用、証券取引に伴う手数料、税金等がかかりますが、運用状況等により変動するため、
事前に料率、上限額等を示すことができません。

その他重要なお知らせ

九州労働金庫で販売する投資信託については、ご投資いただくお客さまに以下の費用をご負担いただきます。

  • 投資信託は預金ではありませんので、元本および利益の保証はなく、預金保険制度の対象ではありません。
  • 投資信託の運用による利益および損失は、投資信託をご購入のお客さまに帰属します。
  • 当金庫で取扱う投資信託は、投資者保護基金の対象ではありません。
  • 当金庫は投資信託の販売窓口となり、投資信託の設定・運用は投資信託会社が行います。
  • 投資信託をご購入の際には、当金庫よりあらかじめまたは同時に「投資信託説明書(交付目論見書)」および「目論見書補完書面」をお渡ししますので、必ず内容等をご確認のうえ、お客さまの判断でお選びください。

商号等:九州労働金庫 登録金融機関 福岡財務支局長(登金)第39号
加入協会:なし

※九州労働金庫では、カードローン又は総合口座貸越の利用による購入代金の引落し、およびファンドの買付は、貸越利息等をお客さまにご負担いただくことになりますので、お取扱いしておりません。